Photo Gallery

山居窯にて初掲載

いつもご訪問本当にありがとうございます。

昨年8月から新工房、ギャラリーの建築に入り、あっという間に5ヶ月が過ぎ
ようとしております。
移転がこんなにも大変なことだとは思いませんでした。
ようやく環境にも慣れ、仕事の再開の運びとなりました。
本当にお気長にお待ちいただき、応援をしていただきまして、心より御礼申し
上げます。

今晩9時に山居窯にてできました作品を初めてホームページに掲載いたしま
す。
前工房の時の作品も一部掲載しておりますが、【NEW】と付いた作品は新し
いものです。
今までと変わらず、それ以上のつもりで一生懸命作った作品です。
ご覧頂き、ご感想など頂けましたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

○更新作品の一部を貼り付けております。

無地唐津ぐい呑、三嶋ぐい呑、井戸盃
ag1-50-m.jpgag1-69-m.jpgag2-24-m.jpg

無地唐津徳利、無地唐津片身替茶碗、斗々屋茶碗
at1-1-m.jpgach1-2-m.jpgach1-8-m.jpg

伊羅保片口大鉢、蛇蝎唐津湯呑、絵唐津梅華皮向付
as1-4-m.jpgac1-7-m.jpgam1-2-3.jpg


山居窯
内村慎太郎


=============================

ギャラリー 雷山房


スポンサーサイト
九州?

昨日、今日とここは本当に九州ですかと尋ねたくなる気候です。

平地はそこまでないようなのですが、やはり山はこの有様。
こんな日は来客の可能性がかなり低い(無い?)ので、仕事日和
になりそうです。

梅の春待ち、粘土、水簸粘土
さすがに今日の粘土に手を触れる勇気はありません。
RIMG1552.jpgRIMG1554.jpgRIMG1564.jpg

道はどこにあるのでしょうか。
RIMG1567.jpgRIMG1568.jpgRIMG1569.jpg

150cmほどの大甕がこんな状態です。
RIMG1571.jpgRIMG1574.jpgRIMG1579.jpg



山居窯
内村慎太郎


=============================

ギャラリー 雷山房


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
皆様のご多幸を心よりお祈り致します

本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


1月2日
不知火海の夕日
不知火(旧暦の8月1日の深夜に海上に現れる蜃気楼)とは八代沿岸の海」
RIMG1529.jpg

山居窯
内村慎太郎


=============================

ギャラリー 雷山房


WHAT'S NEW?