Photo Gallery



とうとう紅葉も終わりに近づき、最後の花火の様な美しさを目にできる幸せを感じます。
今年は夏の猛暑から秋の雨、寒暖の差などと紅葉を美しくする要素が多くあったよう
で、北部九州は数年ぶりの絶景となっております。

雷山千如密寺 ※16日の風景です。
この時期の千如寺は一日数千人の見物客が押し寄せ、いつもは静かな田舎の山道が
渋滞します。
今年は特に美しかったことやテレビ中継が多かったことで、お客さんも多いようです。
IMG_9726.jpg IMG_9722.jpg IMG_9721.jpg
IMG_9717.jpg IMG_9714.jpg IMG_9707.jpg
IMG_9764.jpg IMG_9760.jpg 
IMG_9747.jpg IMG_9740.jpg


雷神社
雷山千如密寺より上方にあり、ほとんどの方が知らないようで、特に公孫樹の
紅葉が美しく見ることができます。
おそらく一割くらいの方しか訪れないのではないでしょうか。
IMG_9797.jpg IMG_9791.jpg
IMG_9777.jpg IMG_9772.jpg

工房・周辺の風景
あけぼのそう、そろそろ辛夷の芽がでてきました。、古唐津小壷
IMG_9866.jpg IMG_9938.jpg IMG_9857.jpg  
IMG_9900.jpg IMG_9887.jpg


山居窯
内村慎太郎
スポンサーサイト


秋は物悲しさもありつつ、感動も多い、とても不思議な季節だと毎年感じます。
しかし冬を越し、春を迎えるとその様なことはすっかり忘れ、春の陽気にとても感激
するのです。
春がなければ冬を越すエネルギーは湧かないような気がします。
夏から秋にかけ、日が短くなり、なんだか寂しい気持ちになるのは冬を迎える準備で
しょうか。
また来年の秋を待ち焦がれる前にしっかりと目に焼き付けたい風景を残したいと思い
ます。

IMG_9588.jpg IMG_9596.jpg IMG_9597.jpg
IMG_9600.jpg IMG_9602.jpg IMG_9619.jpg
IMG_9618.jpg IMG_9616.jpg IMG_9615.jpg
IMG_9610.jpg IMG_9635.jpg

今年は銀杏とモミジがほぼ同時期に紅葉になり、とても美しくなりそうです。
見ごろは来週から一週間ほどのようです。

山居窯
内村慎太郎

WHAT'S NEW?